四季にこだわらないのであれば沖縄旅行がオススメ!

行楽シーズンになれば旅行に出掛けたくなりますよね!四季を感じるのもいいですが、その土地の魅力を満喫できる沖縄旅行のオススメ情報を紹介しています。 - お酒を楽しむ泡盛の世界

お酒を楽しむ泡盛の世界

MP900446427-207x300
沖縄旅行に行くと、やはり「沖縄料理」を楽しまない手はないと思いますが、沖縄料理を楽しむのであれば、やはり「沖縄のお酒」を楽しみたいというのが多くの人の願望なのではないでしょうか。そして、「沖縄のお酒」といえば、おそらくみなさんもすぐに想像がつくと思いますが、当然「泡盛」ということになります。「泡盛」は、沖縄地方に特有と思われがちですが、奄美大島の一部や台湾などでも好まれる地域があります。とはいっても、もちろん原産地は沖縄であり、「琉球泡盛」などと呼ばれることが多いです。
で、泡盛のその独自性というか、異国情緒あふれるその存在から、ときおり「泡盛は日本酒なのか、それとも焼酎なのか」ということがテーマで、そのまま一夜を明かしてしまうというケースもあるようです。泡盛自身が泡盛の「酒の肴」になり、まさに泡盛の会社にとっては「してやったり」という形になることが多いのだとか。そして、そのとき必ずひとりはいるのが、「泡盛はお酒でも焼酎でもない!泡盛は泡盛だ!」という意見です。なんとなく理解できるようなできないような、不思議な意見ですが、これも泡盛の独自性の強さゆえのことなのでしょう。
結論から言うと、泡盛は「蒸留酒」であり、これは「乙類焼酎」に分類されるということです。ただ、これはあくまでも酒税法上の分類であるというイメージが強く、より一般的な乙類焼酎とはかなり製法や種類が異なると考えられています。
また、泡盛の飲み方に関してもいろいろと議論されることが多いですが、こちらも焼酎同様、非常にバラエティーに富んだ飲み方があることはよく知られています。ストレートで、ロックや水割りなど、焼酎やウイスキーなどと同じような飲み方が多いようです。また、沖縄特有の「シークヮーサー」などを加えてリキュール的な飲み方も近年は人気を呼んでいるようです。
という具合に、歴史あるお酒であるにもかかわらず、まだまだこれから開拓されるようなイメージもある、非常に奥深いお酒であるといえるのではないでしょうか。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2016 四季にこだわらないのであれば沖縄旅行がオススメ! All Rights Reserved.